福祉有償運送運転者講習会に参加してきました

IMG_20180422_142723.1

(地域在宅援護班 山野)

4月21日(土)、22日(日)の2日間に渡り、大和市保健福祉センターで開催された「福祉有償運送運転者講習・セダン等運転者講習」に参加してきました。

本協議会では、愛川町からの委託事業である「移送サービス事業」と独自事業の「愛川お助け便」という2つの移動サービス事業を行っています。

いずれも福祉有償運送事業として国土交通省関東運輸局に登録を行っており、この事業に運転員として従事するためには、所定の講習を受けなければなりません。

DSC_0435 blog愛川お助け便については、利用予約が増加する一方で、運転員の減少により調整が難しくなってきているという課題があり、いざという時に職員で対応できるように、ということで私(山野)のほかに社協職員1名、事務局長の3名で参加してきました。(このほかに住民の方1名が参加してくださいました。)

1日目は座学で移動サービス概論、移動サービスの運転に必要な知識と心構え、障害の知識や利用者理解等について学びました。2日目は、車椅子の操作や移乗介助、福祉車両の操作、運転実技等の実習が主な内容でした。

上の写真は、事務局長が福祉車両のリフトを操作しているところです。

2日目の講習会終了時には無事に全員が修了証をいただくことができました。

本協議会では、引き続き「愛川お助け便」の運転協力会員を募集しております。募集要件は、町内在住で普通第二種免許または普通運転免許をお持ちで、70歳までの健康な方で福祉に理解のある方です。ぜひお気軽にお問い合わせください。(本記事の講習を受けていただく必要があります。)