避難訓練を実施しました。

(地域在宅援護班 山内)

はじめまして、こんにちは!昨年の10月より地域在宅援護班で勤務することになりました、山内です。

日々勉強の毎日で目がまわりそうですが…先輩方や地域の大大大先輩のアドバイスをいただきながら、なんとか半年が経とうとしています。今後も事業やブログを通して、日頃の活動を紹介できるようにがんばります\(^O^)/

さて、本題にうつりまして、3月19日(月)にありんこ中津作業所・ありんこ高峰作業所の両作業所にて愛川町危機管理室協力のもと、避難訓練を実施いたしました。

P3191000

中津作業所では大規模地震発生後、食堂のガスレンジから出火、という想定をした訓練を行いました。地震発生時、所員全員が速やかに机の下に潜り、安全を確保することができました。

その後は指導員による火元の初期消火・建物外への避難・消防への通報も行いました。所員同士で声を掛け合いながら避難している姿がとても印象的でした。

さらに、水消火器を使用した消火訓練も同時に行い、こちらも「火事だー!」の大きな声に始まり、火に見立てた的へ消火の練習が上手にできました。

P3191085

また、高峰作業所の付近は、土砂災害警戒区域に指定されており、今回は豪雨時に土砂災害が発生することを想定した訓練を行いました。

避難指示後、作業所から福祉センターへ避難をするということで、わたしも福祉センター会議室で避難場所の設置をしました。中津作業所同様、問題なく、全員無事に福祉センターへ避難することができました。(わたしよりも所員の皆さんの方が落ち着いて行動できていた気がします。。)

ここ数年、大きな自然災害で多くの方が被災されたニュースを目にすることが増えた気がします。明日もしかしたら、なんてことがないことを祈りますが、備えあれば憂いなし!ということで今後も有事の際に適切な行動が取れるよう、事務局・作業所合わせて災害への意識を高めてきたいと思います。