特殊詐欺(おれおれ詐欺)が増えています。

地域包括支援センター野口

厚木警察生活安全課から特殊詐欺(おれおれ詐欺)が県内で増えており、高齢者と関わる人に手口を知ってほしいとお話がありました。最近の手口で多いのは、

1.最初に百貨店や電気屋から「この前は商品を買っていただきありがとうございました。」と連絡があり、商品を買った覚えがないことを伝えると、「お客様のクレジットカードが不正に使われている。銀行協会から電話させる。」と動揺させます。

2.銀行協会と名乗った人から「カードを凍結させる。キャッシュカードの番号と暗証番号を教えてほしいと」言われ教えてしまう。

3.警察から電話があり「キャッシュカードが証拠品となっているから預かる」と自宅に来て、証拠品のように茶封筒に入れ印まで押して預かっていき、そのまま現金が引き出されてしまう。

今までのおれおれ詐欺で現金を渡しているときは銀行が気が付くことも多いが、上記の詐欺は犯人と被害者のみで第三者が絡まないのでわかりづらくなっているとのことでした。

厚木警察より「サギ撲滅の2本柱として」

1 こんな言葉を電話で聞いたらサギだ!

「急にお金が必要!用意して!」「キャッシュカードを預かります。」「ATMで医療費を還付します。」

2 留守番電話設定のお願い!

「犯人は留守番電話を嫌います。」「常に留守番電話設定を!」「留守番電話が作動する前に取らないで!」「迷惑電話防止機能付き機器の購入検討を!」

不審な電話があったら警察に相談してくださいとのことでした。