嬉しかったこと。

地域在宅援護班 井上

今日はお知らせではなく、嬉しかったことを一つだけ、ブログに書きます。

福祉センター1階の売店、ふれあいショップ希望(のぞみ)に、障がい児サロンに来ていた男の子が買い物に来てくれました。

今いくつになったの?と聞くと「19歳、今年20歳になるんだ!」と笑顔で答えてくれました。

障がい児サロンに参加できるのは中学校3年生までなので、あれから7年くらいたっているということ?!

それでも私のことを覚えていてくれて、今は「作業所に通って仕事の練習をしているんだ。」とのこと。

成長に驚き、朝からとても嬉しくなりました。これからも頑張ってね。

私も頑張ろう!