2018年05月

両向区水害対応避難訓練に参加しました

IMG_2019blog(地域在宅援護班 山野)

5月13日(日)に両向区で行われた水害(土砂災害)対応避難訓練に参加しました。

この避難訓練は、大雨により避難準備・高齢者等避難開始情報が発令された事態を想定したもので、避難だけでなく区の役員相互の情報伝達訓練も行われました。

DSC_0464blog本協議会職員については、避難準備・高齢者等避難開始情報の発令により町内会から要援護者の避難支援の依頼を受け、福祉車両により避難場所まで搬送を行う、という役割でした。

訓練では町内会副会長さん、地区担当民生委員さんにも車両に同乗していただき、対象者の方の自宅に迎えに行き、避難場所である県立ふれあいの村へ無事に避難支援を行うことができました。

この日の訓練には総勢115名の方が参加されたとのことで、訓練終了時には両向区の中島区長さんからこれからも地域の安全、安心のために充実した訓練に取り組んでいきたいと挨拶がされました。

本協議会においても、要請があればこのような機会に参加させていただき、地域の安全、安心の一助になれれば、と考えています。

両向区の皆さん、大変お疲れさまでした。

ぜひ、ご覧ください

DSC_1536  ブログ

ダウン症の書道家、金澤翔子さんが揮毫した書を、愛川町役場1階ホールに設置しました。これは、平成30年2月10日に町文化会館で開催した「福祉講演会」(主催:愛川町社会福祉協議会 共催:愛川町)で、母・金澤泰子さんの講演が行われたときに、翔子さんが会場で揮毫したものです。

社会福祉協議会 総務班 宮本

ボランティア連絡協議会総会を開催しました。

30ボラ連総会地域在宅援護班 井上

ブログを書くのは久しぶりです。

反省。こまめに書くようにしようと思います。

さて、母の日の5月13日(日)にボランティア連絡協議会の総会を開催しました。

なんと、第30回!設立総会は平成元年に行われたそうです。

その時に加入していた団体は8団体。

平成30年度の加入団体は8団体、そのうち4団体は設立当初からの団体です。

長い間活動を続けていらっしゃる方の多さに驚きです。

最近ではボランティアをする方が減っている、高齢化が進んでいるが、新しい人が入ってこないということがが多くの団体で課題になっています。

ボラ連の会長からはこの30年でボランティアを取り巻く環境が変わったというお話がありました。

この先30年後はどうなっているのでしょうか。

「昔はよかった」ではなく、「今はいいね」といえるボランティア活動の環境ができているとよいなと思います。

参加者の方々、お疲れさまでした。今年度もよろしくお願いいたします。