2016年01月

地域ふくしサポーター養成講座(1日目)

DSC_0129blog(地域在宅援護班 山野)

1月27日(水)に地域ふくしサポーター養成講座(1日目)が開催されました。

この講座については、1月17日投稿のブログで紹介をさせていただいてるので、趣旨やプログラム等についてはそちらをご覧ください。

この日は、公益財団法人さわやか福祉財団のふれあい推進事業 新地域支援事業担当リーダーの長瀬純治さんを講師としてお迎えして「気軽でゆるやかな隣近所の助け合い ~誰もが安心して暮らせるまちを目指して~」というテーマでお話いただきました。DSC_0138blog

具体的には、これからますます高齢者が増えていくこと、そのために社会保障の改革が必要なこと、その改革の中ではサービスの担い手として住民の参加が求められることなどが説明されました。

また、講義の途中に「助け合い活動ゲーム」も行いました。このゲームはテーブルにカードを広げ、その中から自分の「してもらいたい」ことが書いてあるカードを3枚選びます。選んだカードの1枚をグループの他のメンバーに見せながら、その内容を「してくれる」人を探して交渉します。交渉が成立したら、そのカードを「してくれる」人に渡し、握手をするというものです。DSC_0169blog

このゲームでたくさんのカードを受け取った方は「助け上手」、受け取ったカードが少ない方は「助けられ上手」となり、地域でも両方の人が必要なこと、自分ができることを地域で探したり、頼まれたりするのは楽しくて嬉しいことであることを学びました。

次回(2回目)は、2月3日(水)の予定です。受講希望の方はぜひご連絡ください!

1月の成年学級を開催しました。

C360_2016-01-23-10-59-09-391blog(地域在宅援護班 山野)

1月23日(土)に福祉センターで1月の成年学級が開催されました。

今回は男性のシニアボランティアグループの「あシボ」さんのご協力のもと、ウッドクラフトを行いました。

C360_2016-01-23-10-21-00-423blogこのウッドクラフトとは、まつぼっくりやドングリなどの木の実や木片を自分の好きなように組み合わせてペンダントや置き物を作るもので、最後に色づけをすることでとても素敵な作品になります。

参加者の皆さんは、箱いっぱいに入った木片や木の実の中から自分のイメージに合う形を選び、それらを自由に組み合わせ、作品を仕上げていきました。C360_2016-01-23-10-37-14-326blog

逆さまにしたまつぼっくりを木に見立てカラフルに色を塗ったり、半分にしたクルミの殻を亀の甲羅に見立て小さな木片で手足や頭を付けたり、様々な工夫で楽しい作品がそれぞれ出来上がりました。

2月の成年学級も創作活動を行う予定です。また、ブログで報告いたします。

ありんこ新春のつどいを行いました。

地域在宅援護班の永井です。

今年は暖冬だと言われていたので高を括っていたのですが、ここ数日で一気に寒くなりました…。

この寒暖差で体調を崩しやすいかと思います。風邪を引かないよう気を付けたいですね。

さて、本年度もありんこ作業所新春のつどいを22日の金曜日に開催いたしました。

所員の皆様をはじめ、日頃お世話になっている方々を半原老人福祉センターへお招きしお餅つきを行いました。

お餅をついている所員はとても楽しそうで、「もう一回やっていい?」と何度か聞かれました(笑)

DSC_0170

お餅をいただいた後は懇親会を行い、今年は余興としてマジック愛川クラブさんをお招きして、ステージでマジックショーを披露していただきました。

マジックが成功した時「お~!」「すごい!」と皆様の感嘆の声が拍手と共にあがり、特にショーの中で「けんちゃん」というお人形で腹話術を行った時は皆様大笑いして楽しんでいられました。

DSC_0238

皆様のご協力の中、無事新春のつどいを終えることができました。ありがとうございました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

地域ふくしサポーター養成講座を開催します

皆さん、こんにちは。地域在宅援護班の山野です。

今回は「地域ふくしサポーター養成講座」のお知らせです。

近年、個人の価値観の多様化により、地域のつながりの希薄化が進んでいるといったことを耳にします。しかし一方で「地域で助け合いながら暮らしていきたい」「困った時はお互いさま」という住民相互の助け合いへの関心も高まってきているようです。

本協議会では、このような状況の中、「誰もが安心して暮らせるまちづくり」を目指して、「地域ふくしサポーター」を養成することになりました。

「地域ふくしサポーター」とは、自分が暮らす身近な地域の中で、悩みや困りごとを抱えている方に気付き、見守りや声掛けなどの支援のほか、必要に応じて町や社会福祉協議会、民生委員さんなどへのつなぎ役をする人です。

講座の詳しいプログラムは以下のチラシをご覧ください。

地域ふくしサポーター養成講座 チラシ

自分が暮らす地域で何かしたい、何かしたいけど何をして良いかわからない、という方。この講座でヒントが見つかるかもしれません。

お申し込みは、トップページの講座情報の「地域ふくしサポーター養成講座」からできます。

皆さんのご参加をお待ちしています。

※この講座は、昨年度まで地域福祉コーディネーター養成講座として開催していたものです。