東日本大震災復興支援事業 講演と映画上映のお知らせ

社会福祉協議会事務局長 関根

愛川町復興支援事業チラシ

なんとか、事業実施に向けスタートラインにつくことができました。

今年度、愛川町社会福祉協議会では、東日本大震災復興支援事業を実施します。内容は、東日本大震災から5年が経過しようとしていますが、この未曽有の災害を風化させることなく私たちの教訓とするとともに、私たちが住む愛川町にも起こり得る自然災害に備え、防災意識を高めることを目的に映画上映(上記の愛川町復興支援事業チラシをクリック)と講演会を開催するものです。
本事業では、東日本大震災直後、岩手県釜石市にある遺体安置所となった中学校体育館での状況を描いた映画「遺体 明日への十日間」を上映し、同映画のモデルとなった民生委員の千葉淳氏、社会福祉協議会の菊池亮氏を招き震災当時の様子、これからの取り組みなどをお話していただきます。
たくさんの方々にこの事業に参加していただき、被災地に思いを寄せていただければ幸いです。

日 時  平成28年2月20日(土) 午後1時30分~午後4時40分

場 所  愛川町文化会館ホール

(予定)

13:00  開場
13:30  開会・あいさつ
13:40  第1部【講演】「東日本大震災 復興への軌跡と現状」
講師 釜石市民生委員児童委員協議会副会長 千葉 淳 氏
講師 釜石市社会福祉協議会 地域福祉課長 菊池 亮 氏
14:40  休憩
14:55  第2部【映画上映】「遺体 明日への十日間」
16:40  閉会

なお、入場料(チケット)は、1,000円です。また、当日は、釜石市の菊池写真館提供による写真展と物産展を同時開催し、入場料収入の全額(1,000円×入場者数分)と物産展の収益(売り上げ収入から仕入額を引いた額)を釜石市社会福祉協議会へ寄付いたしますので、大勢の皆様のご来場をお待ちしています。

チケットは、平成28年1月12日から愛川町社会福祉協議会事務局等で販売し、また、下記の東日本大震災復興支援事業実行委員会構成団体でもチケット販売の取り次ぎを行います。詳細につきましては、12月中旬ころから、広報紙等でお知らせする予定です。

【実行委員会構成団体】
愛川の底力住民委員会 愛川町(危機管理室)  愛川町区長会 あいかわ町災害ボランティアネットワーク 愛川町職員親睦会 愛川町ボランティア連絡協議会 愛川町民生児童委員協議会 愛川ライオンズクラブ 愛甲商工会 国際ソロプチミスト愛川 社会福祉法人愛川町社会福祉協議会 社会福祉法人神奈川県共同募金会愛川町支会 日本赤十字社愛川分区 日本発条株式会社厚木工場 日本発条労働組合厚木支部  (以上五十音順)