2015年03月

貸し出し用DVDを購入しました。第2弾

地域在宅援護班 山口

先日ご紹介した貸し出し用DVDの購入に引き続き、もう1本が届きました。

「災害時要援護者の支援 ともに生きのびるための 自助・共助」です。

IMG_0010東日本大震災で課題となった、高齢者・障がい者などの災害時要援護者の支援について、要援護者自身の自助、周囲の人の共助のあり方を見つめ直すためのDVDとなっています。

災害時要援護者の名簿の管理や、福祉避難所の開設、要援護者自身や周りの人たちの工夫など、地域で役立ちそうな事例が、17分と短めにまとめてあります。

短いので、自治会等の集まりの時に少し流してみてはいかがでしょうか。

ぜひご活用ください!

貸し出し用DVDを購入しました。

地域在宅援護班 山口

日に日にあたたかくなる今日この頃、春になるのはうれしいですが、鼻水が止まらないので、スギ花粉の飛散終了を待ち望んでいる山口です。

さて、社会福祉協議会では、ビデオライブラリー事業として、様々な福祉、保健などのDVD、ビデオの貸し出しを行っています。

今年度新たに購入したDVDを紹介します。DSC_0001

タイトルは、「逃げ遅れる人々 東日本大震災と障害者」です。

2011年3月11日の東日本大震災が発生したとき、障がいを持つ人々に何が起きたのか、福島県を中心に、被災された障がい者の方と関わる人々の証言をまとめたDVDで、被災地の障がい者の方々を取り巻く様々な課題や問題点が紹介されています。

時間は74分、DVDソフトとなります。

ぜひ、団体や地域でご覧いただき、災害時のことを考えるきっかけに活用いただけると嬉しいです。もちろん個人の方にもお貸ししています。

貸し出しは無料です!ぜひご利用ください。

作品リストはこちらです→26ビデオライブラリーリスト

3月の成年学級を開催しました!

IMG_20150321_093226blog(地域在宅援護班 山野)

3月21日(土)に3月の成年学級を開催しました。今回は以前から皆さんが楽しみにしていたボウリングを行いました。

会場に到着後、皆さんで靴を借り、レーンごとに分かれてゲーム開始です。

いつも成年学級でボウリングを行う場合は、ガター(レーンの両脇にある溝)に小さなガードレールのようなもの(←わかりにくい表現ですみません)を出してもらい、ボールがレーンに落ちないようにしてもらっています。

参加者の中にはボールをまっすぐに投げずに、そのガードレールを利用してストライクを取るスゴイ人もいました。

各レーンでは、スペアやストライクが出るたびに、大歓声が上がります。皆でワイワイと賑やかに2ゲームを楽しみ、今年度最後の成年学級が終了となりました。

1年間参加してくださった学級生の皆さん、そしてボランティアの皆さん、ありがとうございました。

来年度もよろしくお願いいたします。

ありんこ作業所運営委員会

(地域在宅援護班 山野)

寒さもいつの間にか落ち着いたようで、通勤途中に桜の花のつぼみが膨らんでいるのに気がつきました。もう春ですね。

さて、3月20日(金)にありんこ作業所運営委員会が開催されました。

この会議は、本協議会が愛川町から指定管理を受けて運営を行っているありんこ作業所の円滑な業務推進を目的に行っているもので、作業所長の諮問機関として位置付けられています。

委員は、作業所長を始め、本協議会長、愛川町民生児童委員協議会障害者福祉部会長、愛川町手をつなぐ育成会長、愛川町ボランティア連絡協議会長、ありんこ作業所保護者会の代表、学識経験者、愛川町福祉支援課長に担っていただいております。

今回の運営委員会では、はじめに26年度の所員の状況、27年度の入所予定者、26年度の作業収入の状況、就労継続支援B型事業の利用状況について報告を行い、続いて、27年度の事業計画、予算について説明いたしました。

説明の後、委員の皆さんから貴重なご意見をいくつかいただきましたので、それらを踏まえてより良い支援ができるよう取り組んでいきたいと思います。

(今回のブログは写真がありません。ごめんなさい。)

第16回国際ソロプチミスト愛川 チャリティーゴルフ大会

20150318_173103

社会福祉協議会事務局長 関根

3月18日(水)、大相模カントリークラブを会場に「第16回国際ソロプチミスト愛川チャリティーゴルフ大会」が、開催されました。
毎年、愛川町には、図書館へ図書100冊、本協議会へは、寄付金を寄贈していただいています。今年の大会では、天候にも恵まれ250人を超えるプレイヤーが参加していただいたとのことでした。参加することによって地域福祉にご貢献いただきましたプレイヤーの皆様に感謝申し上げます。また、会場をご提供いただいた大相模カントリークラブ様、主催していただいた国際ソロプチミスト愛川の皆様には、改めてお礼申し上げます。