2013年05月

田代地区土砂災害避難訓練に参加しました

DSC02956

地域在宅援護班 小島  

 山口さんと同様に投稿が遅くなってしまいましたが、去る19日(日)に田代地区土砂災害に対する避難訓練に参加協力してきました。

 当日は町消防署と田代区が一体となり、田代平山地区の土砂流危険渓流に関する周知を図り、また、災害時要援護者支援として、同地域内にあるグループケアかわせみホーム利用者等の避難訓練実施に際し、本会も町消防計画に基づき訓練に参加し支援を行いました。

 支援には、本会職員4名と福祉車両2台、避難所支援業務車両1台で行い、福祉車両2台により合計7名の車椅子利用者を避難所である田代小学校体育館へ搬送し、避難所支援では避難所内では介護ベッド等を設置及び受け入れ態勢を整えながら、地域住民の方で支援に携わる方々へ車椅子の操作方法をお伝えするなど側面支援を行いました。

 今回の訓練では、地域住民の方、自主防災組織、消防団、町消防署や厚木警察署などの参加により合計117名の方が参加され、訓練開始から避難完了まで約1時間程度で訓練を終了しました。

 訓練終了にあたり、町消防署長、行政区長の挨拶では、頻発する集中豪雨による被害は多く、町内でも局所的に豪雨になる場所もあるので、土砂災害の減災はいち早く避難することであり、地域住民と行政や自主防災組織が一体になり連携することが大切なので、この訓練を機により連携できばとのお話がありました。

DSC_0002

DSC_0028

 本会が指定管理として運営しているありんこ高峰作業所についても、毎年土砂災害を想定した避難訓練を実施しておりますが、今回の訓練を基に社協での訓練に活用できればと思います。

やさしさを育む教室&高齢者疑似体験

地域在宅援護班の山口です。

投稿が少し遅れてしまいましたが、19日の日曜日、上熊坂育成会北原子ども会部さんの事業で、

1.あなたも高齢者体験 シニア体験プログラム 2.やさしさを育む教室   の2つの事業のご依頼を頂きましたので、おじゃまさせていただきました。

 DSC_0117

まず、やさしさを育む教室という事で、DVD上映。「桃香の自由帳」という作品を上映しました。

内容は…地域の人たちと触れ合っていく小学生2年生の桃香と、娘を見守る両親の姿を描きながら、ともすれば見失いがちな、人と人とが寄り添い、共に生きる温かな世界とは何かについて考えることが出来る、という内容で、30分程度の長さなのですが、感動してしまいました。(これでは分からないよ!という方、DVDの貸し出し事業を行っておりますので、ぜひとも、お問い合わせください!)

参加者の方はどうだったでしょうか?

 

次は、高齢者疑似体験。

今回は子どもたちを中心に体験して頂きました。疑似体験セットをつけて、歩いたり、新聞を読んだり、字を書いてみたり…という体験をしてみました。

DSC_0104

DSC_0108

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちからは、うまく見えない!足が重い~!!意外と歩けるよ! などなど、色々な感想を聞く事が出来ました。

今日の体験を通して、高齢者の方と接する時に、相手の事を思いやる事が出来るきっかけになるといいなと思います。

 

それから、今回の事業は、高齢者サロン「一粒の会」さんとの共催事業とのことで、一粒の会さん手づくりの「キャロットケーキ」をごちそうになりました。

にんじんの味はあまりせず、にんじん嫌いのお子さんでも美味しく食べられるそうです。

とても美味しかったです。ごちそうさまでした!

 

2時間の体験でしたが、子どもたちにも、地域の方にも、少しだけ福祉の事を考えていただける機会となっていたら嬉しいです!

ありがとうございました!

ハツラツお元気講座について

地域包括支援センター 山野です。(今回のブログは写真が無くてすみません。)

去る5月17日(金)に半原老人福祉センターで行われた愛川町老人クラブ連合会理事会で、老人クラブを対象に行う介護予防講座「ハツラツお元気講座」のPRをいたしました。

講座は運動機能向上講座、栄養改善講座、認知症予防講座、口腔機能向上講座、介護予防総合講座の5つのメニューがあり、この中から各老人クラブで希望する内容を1つ選んでいただき開催する予定です。

昨年度は16の老人クラブで開催し、大変好評をいただきました。

いつまでもハツラツとお元気でいるために、介護予防への取り組みの重要性はますます高まっています。

ぜひ多くの老人クラブの皆さんにこの講座を活用いただきたいと思います。

※ 「ハツラツお元気講座」は、町内の老人クラブを対象にした講座で、一般の方の受講申し込みは受け付けておりません。

傾聴講座(入門編)のご案内

傾聴ボランティアグループ「なごみ」さん主催の傾聴講座(入門編)のお知らせです。

 

相手が話したいことを共感的な態度で真摯に聞く事を学び、より良い人間関係を築くための傾聴入門講座です。

1.日時  平成25年6月3日(月)午後1時30分~3時30分

2.場所   愛川町福祉センター3階会議室

3.講師   NPO法人シニアライフセラピー研究所

4.対象者 町内在住在勤で傾聴ボランティア活動に関心のある方25名

5.申し込み期限 5月29日(水)

 

申込につきましては、愛川町社協まで(285-2111)ご連絡ください。

 

 

傾聴ボランティアグループ「なごみ」さんは、町内の高齢者施設を中心に、傾聴活動をしていただいている団体です。

多くの方のご参加お待ちしております!

地域在宅援護班 山口

土砂災害に対する避難訓練に参加しました!

DSC_0016地域在宅援護班

5月19(日)、これからの梅雨時期、台風シーズンに備え、土砂災害に対する避難訓練が田代区平山地区で実施されました。

この地域には、土石流危険渓流に指定されている沢があり、地域住民に危険渓流の周知を図り、土砂災害に備えることが求められています。

また、警戒区域内には、避難に地域支援が必要な高齢者が多数入居している施設があり、特殊車両(ハンディキャブ)を使用した避難を行うため、社協も町地域防災計画に基づき訓練に参加しました。

当日は、地域と自主防災組織、社協、警察及び消防が連携した避難支援により、いち早く災害時要援護者を無事に広域避難場所の田代小学校に避難させることができ、参加者も「早めの避難と日頃の備え」を体験できたのではないかと思います。