2013年04月

赤い羽根募金のグッズを作成中!

地域在宅援護班の山口です。

テレビに触発されて、ロングブレスダイエットの本を買ってみました。効果はいかに!?(毎日続けないと…)

さて、ただいま、共同募金運動に使う資材を作るために、業者との打ち合わせを行っています。

愛川町の可愛いあの子とのコラボして、赤い羽根募金の「○○○」(まだ内緒です♪)を作ろうと計画中です!

可愛いあの子、10歳の男の子なんですね。特技はかけっこだそうですよ。さて…誰でしょう?

出来上がったら、ブログにアップします!!

平成25年度 第1回地域ケア会議を開催しました

P1000922

 地域包括支援センターの山野です。

 年度も変わり、いろいろお知らせするネタはありましたが、他に3人いるセンター職員が一向にブログ投稿する気配がありません。みんな、もっと投稿してー!(←愚痴です。)

 さて、気を取り直して、お知らせ その①です。

 この4月1日から地域包括支援センターの執務場所が従来の福祉センター1階から愛川町役場庁舎1階、高齢介護課隣のフロアに移動しました。これは介護相談などで来庁されたお客様に役場から福祉センターに(また、その逆もあり)移動していただく事があった為、そのご不便を解消する目的で移動となったものです。今後は高齢介護課と連携を強め、さらにより良いサービスの提供に努めていきますのでよろしくお願いいたします。

 続いて、お知らせ その②です。

 4月22日(月)に平成25年度第1回目となる地域ケア会議を開催しました。

 この会議は、高齢者が住み慣れた愛川町で出来る限り尊厳をもって生活が続けられるよう保健・医療・福祉関係者が連携し、情報交換などの話し合いを行うもので、年4回開催しています。P1000930

 この日も町職員をはじめ、県福祉事務所、町内3ヶ所の在宅介護支援センター職員、町内医療機関相談員、町ケアマネジャー連絡会などの方々にご参加いただき、成年後見制度についての勉強や今年度に開催を予定している介護セミナーなどについての話し合いが行われました。

 さて、最後のお知らせ その③です。

 仕事に関する報告ではありませんが、3月31日に家族で東京スカイツリーに行ってきました。2月に実施した社協職員親睦旅行では混雑の為、展望台に行くことができなかったので、雪辱を晴らすべく個人的に再挑戦となったものです。

 あいにくこの日は曇り空で見晴らしはあまり良くありませんでしたが、350メートルの高さから見下ろす景色はやはり「すごい!」の一言です。人間の知恵と技術に驚き、感心した1日となりました。

ハツラツお元気講座 in 原臼交寿会

24ハツラツ(原臼)いつのまにか気温も暖かくなり、バイクの季節だなぁ…と感じながらも、なかなか駐車場のバイクを動かせない地域包括支援センターの朝日です。毎回投稿が遅くなってしまい申し訳ありません。

3月23日(土) 原臼児童館でハツラツお元気講座を開催しました。今回は栄養についてのお話です。ハツラツお元気講座(地域介護予防事業)を開始して以来、はじめての栄養講座となりました。運動のお話や認知症のお話もとても大切ですが、おいしく食べて体調を整えることもとても大切な事です。今回、原臼交寿会から栄養について話を聞きたいと依頼があった時はとてもうれしく感じました。

適正体重を知るところから始まり、普段の食事内容を振り返り、不足している栄養素について考える時間もありました。量をたくさん食べるのではなく、いろんな種類を少しずつ食べる事が大切との話がありました。参加された皆さんも、ご自身の普段の食事内容を振り返り、どういう物が不足しているのか、どういう物を追加すればいいのかと具体的に考えることができ、分かりやすかったと話されていました。

あシボさんの活躍!

風邪をひきました、地域在宅援護班の山口です。春は調子を崩しやすい気がします。皆さまはいかがお過ごしでしょうか??

 

さて、町内で活躍中のあシボさん、ボランティアのつどいの時にもご紹介しましたが(http://www.shakyo-aikawa-kanagawa.jp/blog/?m=20130304)年度末に、石巻市で車椅子整備の活動をされてきたそうです!

 

3月26日(火)から4日間、活動されたとのことで、大変お疲れ様でした。そんなあシボさんの活動は、写真入りで、

みやぎ宅老連絡会さんのブログ⇒http://blog.canpan.info/takurou/に掲載されています!ぜひご覧ください♪

 

いつもあシボの皆さんの行動力と優しさに助けられています。ありがとうございます!

わんぱくラブ最終日~!

地域在宅援護班の山口です。

新年度になりました!4月ということで、気分を変えて、また今年度もがんばっていきたいと思います!

 

さて、春休みに行ったわんぱくラブも、本日最終日!(4月3日)あっという間の4日間でした…

新しいおもちゃに夢中になって遊んでくれた子どもたちともしばしお別れ…。

スタッフの皆様、ボランティアの皆様、本当にありがとうございました。無事に4日間終わりました。ふぅ~…良かった。

次は夏休みにお会いしましょう!!

*障がい児サロン「わんぱくラブ」は、特別支援学校、特別支援学級等に通う小中学生の児童生徒が、春休み期間中の在宅生活における介護者の介護負担の軽減を図り、あわせて当事者同士の仲間づくりを行なうことを目的に開催しています。今年度の夏休みの参加者募集案内については、6月発行の社協あいかわお知らせ版に掲載予定です。ご興味のある方、利用を希望される方は、ぜひ広報をご覧ください。