2013年03月

半原・田代地区民児協研修会におじゃまさせていただきました!

地域在宅援護班の山口です。

先日、3月25日に「半原・田代地区民児協研修会」に伺い、ボランティアセンターのことについてお話させていただきました。

ブログ使用

ボランティア講習会でもお話をさせていただくとはいえ、民生委員さんにお話しさせていただくために、どういった情報をお伝えしたら良いかと悩みましたが、ボランティアセンターでやっていることと、町内のボランティア活動・グループのご紹介、1年間の相談の内容で多かったものや、民生委員の皆さんの活動につながりそうな内容をお話させていただきました。

ご紹介した相談内容の一つとして、一人暮らし高齢者の方が庭の草むしりや庭木の剪定、不用品の処理などに困っており、あシボの方にお願いして、活動していただいたことをお話させていただきましたが、民生委員さんの関わっているお宅でも、こういったことで悩んでいるようで、いくつか質問もいただきました。

つたない説明でしたが、ボランティアセンターの事を少しでもご理解いただけたら嬉しいです。

また、お気軽にご相談いただけることを願っています。

ありがとうございました!

春が来た♪

地域在宅援護班の山口です。

福祉センターに春が来ました!!

DSC_0002

 

分かりにくいですか…ね?春のお花を植えました!!

こんな感じです♪(写真のセンスはないですが、お花のきれいさが伝わると嬉しいです!)

DSC_0003DSC_0006DSC_0004

福祉センターにお越しの際は、入り口のお花で、春を感じていただけたら嬉しいです。

“福祉職従事者研修会”を開催しました。

DSC_0018地域・在宅援護班 

 3月25日(月)、町福祉センターを会場に福祉職従事者研修会を開催しました。

 この研修会は、町内福祉関係者の資質の向上及び連携強化を図るため、毎年開催しているもので、町内12事業所53名の参加をいただきました。

 今年度の研修会は、福祉施設等でデイサービスやデイケア等を利用されている方へ提供している、レクリエーションの支援方法について、神奈川県レクリエーション協会より新戸信之氏を講師のお招きし、「レクリエーションプログラムづくりの考え方、手法について学ぶ」と題しお話をいただきました。

 本来のレクリエーションの意味や、手法、日常生活から見るレクリエーションの捉え方やアセスメントの重要性などのお話をいただき、研修会参加者からは、「レクリエーションを簡単に考えていたが色々な方法があるのだなと思った」、「“喜びを感じるとき”を考えることができた」、「レクの原点を知りました」、などの感想をいただき、改めてレクリエーションの意味について再認識できた研修会になったのではと感じています。 

わんぱくラブ準備中~!

地域在宅援護班の山口です。日々痩せたいのに、ご飯も美味しく、お菓子も美味しい毎日を過ごしております。食欲の秋、ではなく一年中の私にとって、春も美味しい季節です。困った困った。

 

さて、学生さんは春休みを迎えるころだと思いますが、社協では、春休みの障がい児サロン“わんぱくラブ”を実施します。

春休み中の月・水・金なので、4日間と短い期間ですが、(そのため、夏休みにご参加いただいた方が参加できます)子どもたちに楽しんでいただき、保護者の方にもちょっと息抜きしていただけたら…ということで、準備をしています。

 

おもちゃを干して、座布団干して、カーペット干して…♪準備は楽しいです。そんな準備のさなか、素敵なご寄付をいただきました。

 

ご寄付いただいたのは、毎年わんぱくラブにご協力いただいている方で、夏休みにお越しいただいた時に子どもたちに大人気すぎて、取り合いになっていた「シルバニアファミリー」を見て、もう一つあったらいいね、と言っていただいていました。

そうしたら、春休みが始まる前に、シルバニアファミリーをご寄付してくださいました!本当に感謝です。

 DSC_0002

季節外れのサンタさんの様な、引木様、ありがとうございました。

わんぱくラブは27日水曜日から始まります!

募金のご協力ありがとうございました!

地域在宅援護班 山口

桜の花が咲きましたね!東京あたりは、24日が満開のようです。愛川はまだかしら…。楽しみです。

今日のニュースで、さくらに関連するお祭りが前倒しで行われていると言っていました。確かに、さくらまつりの予定は4月のところが多いようですが、このままでは、葉桜ですね。しかも今週末は雨とのこと…散ってしまう前に見に行きたいものです。

 

さて、今日は、ご協力いただきました、募金のご報告です。

福祉センターにあります、日本介助犬協会さんの募金箱に、今年度1年間でご協力いただきました募金を送金しました。

金額は、1808円でした!ご協力、ありがとうございました!

皆様の善意が、介助犬の育成に役立てられます。今後とも、ご協力のほど、よろしくお願いいたします!