2012年08月

地域包括支援センターで取材がありました!

DSC_0031

(愛川町地域包括支援センター 山野)

8月27日(月)に愛川町地域包括支援センターに取材が来ました!

これは公益社団法人かながわ福祉サービス振興会が実施する神奈川県からの委託事業の1つで、「地域包括支援センター」をもっと地域住民に知ってもらえるようPRしよう、という取り組みです。

かながわ福祉サービス振興会では介護に関する総合情報サイト「介護情報サービスかながわ※」を運営していますが、現在、愛川町地域包括支援センターのページは基本情報と地図のみの掲載で大変味気ない情報提供となっています。この味気ないページにスタッフの顔写真などを掲載してもらうことにより、ネット検索する方に対し、より親近感ある情報提供が可能となります。

私も愛川町地域包括支援センターのPRとして1分半ほどの動画を撮影していただきました。(恥ずかしい・・・。)

本日の取材内容がいつ頃掲載されるかわかりませんが、このブログの読者の皆さんもぜひご覧ください。

※ 「介護情報サービスかながわ」とは?・・・・・県内の介護サービス事業所・施設の公表情報はもちろんのこと、介護(サービス)について「利用したい」「知りたい」「学びたい」とお考えの高齢者をはじめ、県民の介護情報ニーズに応える「介護に関する総合情報サイト」です。http://www.rakuraku.or.jp/kaigonavi/

知的障がい者サポーターのいるお店

朝晩はだいぶ涼しくなってきましたね。秋の気配を感じている、地域在宅援護班の山口です。

題名の「知的障がい者サポータのいるお店」ですが、町内に1店舗ポスターを貼らせていただいたお店があります。

DSC_0015

どこかご存知の方はいらっしゃるでしょうか…??ヒントはコンビニです!!(見ればわかりますよね)答えは下のほうに…。

町社協では、「知的障がい児・者サポーター養成講座」を受講いただき、知的障がいについて学んでいただいた店員さんがいるコンビニ等の店舗を「知的障がい者サポーターのいるお店」として周知を進めています。

まず「知的障がい者サポーター」って何?と思った方はこちら…http://www.shakyo-aikawa-kanagawa.jp/blog/?m=20120713

7月13日にブログに書かせていただいておりますので、ぜひご覧ください!

今年6月に実施した講座に5名の店員さんが参加いただいた、上の写真のお店、「セブンイレブン愛川半原店」は、町内第1号となる「知的障がい者サポーターのいるお店」として、ポスターを貼っていただいています。

レジのところに貼っていただいておりますので、お近くの方は、ぜひご確認いただけたら嬉しいです。DSC_0026

どなたでも安心してお買い物ができるお店として「知的障がい者サポーターのいるお店」が町内でもっと増えていただけるよう、今後も町社協では講座の実施と知的障がい者サポーターの周知を継続していきます。

ちなみに、サポーターの方の目印はこの紺色のシリコンバンドです。DSC_0001

紺色のシリコンバンド、講座を受講していただいた方がカバンにつけてくださっているのを見ると、とても嬉しくなります。

ちなみに、講座を受講した私は名札の上に、シリコンバンドをつけています。気が付いてくださっている方がいるといいな~。

次回講座実施の際は、またホームページでもお知らせいたしますので、多くの方のご参加をお待ちしております!

高校生にインタビュー!!

暑い、暑い…毎日同じことを呟いている地域在宅援護班の山口です。車に乗って、車から降りて、外に出て…完全に独り言ですが、常に「暑い!」と言っている気がします。きっとあっという間に「寒い!」に変わるんでしょうね。

さて、先日、高校生にインタビューしているところに同席しました。(面接じゃないですよ)

DSC_0039

ええ、私がしたわけではございません。

先日実施した、ボランティア体験学習の内容を神奈川新聞社さんにお送りしましたところ、興味を持っていただき、「参加した高校生に、お話を伺って記事にしたい」と言っていただけたんです!!!

これは大変!!

ということで、愛川高校にお邪魔しました。ご協力、ありがとうございました。

その日は全校登校日ということで、登校日の後の高校生、3年生の3人に協力いただきました。

参加したときの感想、将来の夢、将来の夢につながりそうなことはあったか、どういうことを感じたか…などなど、たくさんの質問にスラスラ答えてくれた、3人の高校生、ありがとう!夏休み中なのに、ごめんね。助かりました!

1人は専門学校への進学、2人は介護の職に就くために就職活動を始めるそうです。

なんだか嬉しいですね。

そして、新聞社の方のインタビューのスムーズさにうっとりしてしまいました!そんな技術がほしいです。

どうも、27日(月)からの週に掲載していただけるとか…!!

インタビュー受けていない私もドキドキ、わくわくです。掲載していただいたら、またブログで紹介します♪

それから、タウンニュースさんにも掲載していただいたんです。8月24日(金)号のタウンニュースさんに、ボランティア体験学習が掲載していただいています。

ぜひ、ご覧ください!

インターネットでもご覧いただけます。ネットってすごいですね。

http://www.townnews.co.jp/0407/2012/08/24/155159.html

ブログ以外でも、どんどん社協の情報を発信していけたらいいなと思っています♪

神本保健師のミニ講座 パート2

DSC_0034

(地域包括支援センター 山野)

8月24日(金)に愛川町福祉センターであいかわ介護支援専門員協会の定例会が開催され、地域包括支援センターから神本と山野が出席しました。

この会議のなかで、前回の定例会に引き続き神本保健師がケアマネジャーさん向けミニ講座 第2弾として食中毒の予防についてお話をする機会をいただきました。

食中毒の予防として重要な「菌をつけない・増やさない・殺す」の3つの原則や、家庭での予防ポイントについて紹介をしたあと、病原性大腸菌をはじめとする食中毒を起こす菌の特徴などについて説明をいたしました。出席されていたケアマネジャーの皆さん、いかがだったでしょうか?DSC_0036

さて、その後は2つのグループに分かれて、ケアマネさんの日頃の実務において悩んでいることなどについてディスカッションを行いました。

「実はこういったケースで支援が行き詰ってるんです。」というあるケアマネさんの悩みに対して、他のケアマネさんから「こうしたらどうかな?」「こんな風に介護者に話をしてみたらどう?」とアドバイスが次々に飛び出ます。

同業の他社(他者)がこうやって集まって、他事業所の方とその先にある高齢者や介護者のために、一生懸命考えてアドバイスをくれるって何だかとっても嬉しいですよね。

改めて愛川町内のケアマネさんの温かさを感じた定例会でした。

母子福祉会親子交流事業

地域在宅援護班の山口です。

局長のブログにもありました、母子福祉会の親子交流事業。

晴天の中、実施しました。

おかげさまで日に焼けております。

バーベキューがメインのはずが、食事はそっちのけで遊びに夢中な子どもたち。

会員であるお母さんたちと交流・バーベキューを楽しんだ私は、子どもたちと遊んでもらうことにしました。

川に入っているお子さんから「一緒に入ろうよ~!」と声をかけてもらったので、入ろうかと思ったら…

私の靴は、スニーカーでした。

ならば、裸足になって、さあ遊ぼう!と思いきや…

痛い痛い!!!川底の石が刺さって足の裏が痛い~~!!!

あまり身動きできない私は川に立っているだけのようでした…

でも、子どもたちは一緒に遊んでくれました。

川の水は涼しくて気持ちよかったです。次回があるならサンダルは忘れずに持っていこう!!と思いました。

そのあとは、草むらで追いかけっこ!!炎天下の中、子どもたちに負けない!と思いながら走り回りました。

バーベキューして、川で遊んで、草むらで走って…

なんだか、絵にかいたような「夏休み」を満喫した!ような1日でした。

仕事なのに、とっても楽しかったです。(いいのかな…)

遊んでくれた子どもたち、楽しい思い出をありがとう!