2011年10月

福祉バザーと福祉のひろばと反省会

DSC_0089社会福祉協議会事務局長 関根

 10月23日(日)、愛川町ふるさとまつりが開催され、協賛事業として「福祉バザー」と「ふくしの広場」を開催しました。福祉バザーは、社協役員や民生委員の皆さんにご協力をいただき販売し、70万円(今、正確な金額を集計中です。)ほどの収益を上げることができました、これもひとえに、物品をご寄付いただいた町民の皆様のおかげであると思っています。ありがとうございました。
 また、福祉センターでは、福祉のひろばを開催しボランティア啓発事業、DSC_0104共同募金啓発事業、ありんこ作業所自主製作品の販売などを行い、大勢の皆様にご来場いただいたようです。(私は、福祉バザーを重点的に実施していましたので…。)皆様、ありがとうございました。

 ということで、無事に福祉バザー、福祉のひろばが終了したので反省会を町内の居酒屋さんで実施することにしました。10月は、福祉体育大会、社会福祉大会など各種事業が多い月でしたから、慰労を兼ねて実施したのですが…。

 反省会とは名ばかりで…、話題に「福祉バザー」、「福祉のひろば」がのぼることもなく…。ただ、ただ、食べることに夢中になっている7人でした。(7人で3万円ほどの代金でしたが、たぶん、その内、2万円ほどは、食べ物に費やした金額だったのでは。)
 食べるのに飽きてくると、職員の結婚の話、家庭内での夫婦の上下関係の話、肥満の話など、普段はなかなか聞けないことなどいろいろな情報を聞くことができました。

 さぁ~て、職員の結婚は、今後、どのような展開を迎えるのでしょうか。

 さぁ~て、夫婦の上下関係は、今後、どのように発展していくのでしょうか。

  さぁ~て、肥満を指摘されている3人?、4人?の今後は、どのようになるのでしょうか。皆さん、今日から、ダイエットする(もちろん、私もその一員です。)と宣言をしていましたが、どのような体に発展するのでしょうか。 少し、楽しみです。

福祉バザー値付け作業

DSC_0018社会福祉協議会事務局長 関根

 本日は、明日実施される第27回愛川町ふるさとまつりの協賛事業として本協議会が実施する第37回福祉バザーの値付け作業を行っています。
 福祉バザーは、各家庭に眠っている物品をご寄付いただき福祉バザーで販売、その収益を地域福祉推進事業費に役立てるものです。
 年々、ご寄付いただける物品は、少なくなっています。昔のように結婚式の引き出物などは、形態がかわり家庭で眠っている物品が少なくなっているようです。
 本日は、社協役員、評議員、民生委員の皆様にお手伝いをいただき、皆様から寄せられた物品の値段付けを行っています。
 本日は、あいにくの天候ですが、明日は、晴れてほしいと思っており、ただ、ただ天に祈るのみです。
 それにしても、福祉バザー事業が今回で37回目となり、とても歴史のある事業だなと改めて思っていますし、37年前と比べ、社会も大きく変動し、また、福祉に対する住民の皆さんの考え方も大きく変わったなと思います。

第60回神奈川県社会福祉大会

DSC_0032社会福祉協議会事務局長 関根

 第60回神奈川県社会福祉大会が、10月20日、神奈川県立音楽堂で開催されました。愛川町からは、神奈川県社会福祉協議会会長表彰3名、会長感謝3名の6名の方が表彰の栄誉を受けられました。
  会長表彰  八木多津子 様(民生委員)
          奈良 恒雄 様(保護司)
          小林 裕子 様(民間福祉施設従事者)
  会長感謝  関根 和子 様(ボランティア)
          土屋 富子 様(ボランティア)
          高橋 圭子 様(公立施設職員)
 受賞されました皆様、おめでとうございました。余談ですが、黒岩知事のあいさつをはじめて聞きました。とてもエネルギッシュに挨拶をされ「マグネット神奈川」についてずいぶんと強調されておりました。

 愛川町へ帰ってからは、午後5時45分から表彰状伝達式を開催しました。DSC_0057ご出席いただきました皆様、ありがとうございました。

安全運転に心掛けよう!

P1000048社会福祉協議会事務局長 関根

 ちょっと、古い話になりますが…。10月7日(金)に厚木市文化会館で「安全運転管理者講習会」が開催され、本協議会の安全運転管理者として私が講習を受講してまいりました。安全運転管理者講習は、一定以上の台数の自家用車を事業所で所有している場合、運行計画や運転日誌の作成、安全運転の指導を行う「安全運転管理者の設置」が義務付けられているもので、年一回の講習受講が義務付けられています。
 本協議会では、事務局で車両9台、バイク5台、ありんこ作業所で車両3台を保有しています。車両運行の決裁をするたびに、交通事故を起こさないか不安にかられる毎日です。
 事故は、被害者も加害者も不幸な状況をもたらします。皆さん、時間と気持ちに余裕をもって、安全運転に心掛けましょう。

第30回愛川町社会福祉大会

DSC_0446社会福祉協議会事務局長 関根

 第30回愛川町社会福祉大会を10月15日(土)、文化会館ホールで開催(主催 愛川町 愛川町社会福祉協議会など)しました。本協議会では、保護司や本協議会役員、民間社会福祉施設職員、ボランティアなどとして功労顕著な方や多額の金円をご寄付いただいた皆様を表彰させていただきました。
 今年度が第30回目の開催というと、昭和57年度が第1回目となります。その当時、文化会館は、建設されていませんでしたから、記憶をたどると「愛川町農村環境改善センターの体育館」で開催していたのでしょう。体育館に椅子を並べたり、準備が大変だったような思い出があります。
 あれから30年、本当に「月日(つきひ)」が経つのは、早いものだと実感しています。