スタッフのささやき

平成25年度 第1回地域ケア会議を開催しました

P1000922

 地域包括支援センターの山野です。

 年度も変わり、いろいろお知らせするネタはありましたが、他に3人いるセンター職員が一向にブログ投稿する気配がありません。みんな、もっと投稿してー!(←愚痴です。)

 さて、気を取り直して、お知らせ その①です。

 この4月1日から地域包括支援センターの執務場所が従来の福祉センター1階から愛川町役場庁舎1階、高齢介護課隣のフロアに移動しました。これは介護相談などで来庁されたお客様に役場から福祉センターに(また、その逆もあり)移動していただく事があった為、そのご不便を解消する目的で移動となったものです。今後は高齢介護課と連携を強め、さらにより良いサービスの提供に努めていきますのでよろしくお願いいたします。

 続いて、お知らせ その②です。

 4月22日(月)に平成25年度第1回目となる地域ケア会議を開催しました。

 この会議は、高齢者が住み慣れた愛川町で出来る限り尊厳をもって生活が続けられるよう保健・医療・福祉関係者が連携し、情報交換などの話し合いを行うもので、年4回開催しています。P1000930

 この日も町職員をはじめ、県福祉事務所、町内3ヶ所の在宅介護支援センター職員、町内医療機関相談員、町ケアマネジャー連絡会などの方々にご参加いただき、成年後見制度についての勉強や今年度に開催を予定している介護セミナーなどについての話し合いが行われました。

 さて、最後のお知らせ その③です。

 仕事に関する報告ではありませんが、3月31日に家族で東京スカイツリーに行ってきました。2月に実施した社協職員親睦旅行では混雑の為、展望台に行くことができなかったので、雪辱を晴らすべく個人的に再挑戦となったものです。

 あいにくこの日は曇り空で見晴らしはあまり良くありませんでしたが、350メートルの高さから見下ろす景色はやはり「すごい!」の一言です。人間の知恵と技術に驚き、感心した1日となりました。

参加者募集中!!

地域在宅援護班の山口です。

わんぱくラブが終わり、使ったおもちゃも、座布団も干しました。あとはカーペットを洗うだけ!と思っているのに、なかなか天気が味方してくれません…。晴れておくれ…。

 

さてさて、募集中としましたが、何がといいますと、「ボランティアスキルアップ講座」です。

http://www.shakyo-aikawa-kanagawa.jp/lecture_view.php?id=45(愛川町社協のホームページに飛びます)

9月28日(金)午後1時30分~ 福祉センター3階会議室で実施します。

 

ボランティア活動をしている方に、日頃を振り返るきっかけとして、実施するもので、福祉に限らず、幅広いボランティア活動をされている方にぜひご参加いただければと思っております。

今回の内容は“相手の気持ちに寄り添う聞き方”を学びます。

ボランティア活動先だけではなく、会議の中、仲間同士での話し合いの時など、きっと活用いただける内容です。

 

たくさんの皆様のご参加をお待ちしております!!!

 

現在の参加者が6名です。少しさみしいので、ブログで紹介してみました。

申し込み、お問い合わせ、心からお待ちしております。

ちょっと息抜きのつもりが・・・

P1000717

いつもブログをご覧の皆さん、こんにちは。山野です。

7月6日(木)の夜に事務局長含め総勢7名の職員で、仕事の息抜きとして町内の某台湾料理店に行ってきました。

このお店は1人約3,000円(男女により金額差あり)でメニューのほとんどが食べ放題飲み放題になります。席につきメニューを見ると、サラダをはじめ、一品料理、麺類、ご飯類、デザートと品数豊富で魅力的な料理が勢ぞろいです。飲み物もソフトドリンク、お酒とそれぞれたくさんの種類がありました。

制限時間は2時間。どれだけ食べれば元が取れるのか?と盛り上がりつつ、まず手始めに生春巻(2皿)、ほうれん草サラダ(1皿)、鶏の唐揚げ(2皿)をオーダー。

店内は私たちのほかに、数組のお客さんがいて厨房は大忙しの様子。しばらくして料理が到着。鶏の唐揚げを見て驚愕しました。

「大きい・・。」

なんと到着した唐揚げはその1つが大人の拳ほどの大きさがあり、それが1皿に4つも盛られています。しかも2皿で合計8つ!

しかし、まだまだ序盤。余裕をもって平らげます。その後も餃子、小龍包(ショウロンポウ)、エビチリ、麻婆豆腐とオーダーを続けます。P1000005

空腹も満たされ、ここで時間を確認すると  「まだ30分も経っていません。」

気が付くと店内は私たちだけになっており、料理もすぐに出てくるようになりました。

職員のYさん(女性)がどうしても炒飯が食べたいというので、天津炒飯をオーダー。

間もなく到着したそれは、大ぶりの皿にまるで山を思わせるようなズッシリとした炒飯を黄金色のかに玉で包み、そしてその上にたっぷりとろみがかかった間違いなく4人分はあろうかと思われる天津炒飯でした。

何とか7人掛かりで完食したところで、職員のKさんが「五目焼きそば食べたい。」と言いだし、周囲の制止を振り切ってオーダー。

結果はもうお分かりかと思います。(その写真が一番上の写真です。)

結局、この日は全員が大した話もしないまま、お腹がパンクするほど食べて帰途につきました。

参加人数・・・7人

注文した料理・デザートの数・・・40品

注文した飲み物の数・・・25品

合格発表!

 

P1010426

地域在宅援護班 山口です。

以前、ブログに書きました、精神保健福祉士の合格発表があり……写真の通り、合格しました!!

学校にいくためにお休みをしたり、ご迷惑をおかけしましたが、皆様に助けていただき、応援していただき、無事、合格しました!嬉しい~♪

ありがとうございました!!

資格はとったけれどペーパードライバー状態にならないよう、活用していかなくては、と思っています。

これからも頑張ります!

お久しぶりです…。

地域在宅援護班の山口です。

ブログ…、久しぶりです。

色々……言い訳はしません。これからはブログ投稿も頑張ります。ダイエットも頑張ります!!局長に心配していただいている??結婚の件も!まずはダイエットですね。

 

さて、実は、10月は実習に行くため、しばらくお休みをいただいておりました。皆さま色々とご迷惑おかけしてしまい申し訳ございませんでした。

何の実習かというと、今、通信制の大学に通っていて、「精神保健福祉士」の資格を取るために、2週間の実習が必要でした。

 

行った先は、八王子市の地域活動支援センターです。

精神障害者の方と半日お話しをさせていただいたり、職員の方の面接に同行したり、他の施設(就労移行支援事業所、訪問看護ステーション、グループホームなどなど)に見学に行ったり…。久しぶりに『実習生』の立場はとても新鮮でした。

また、利用者の方とお話ししている時間は、勉強になる事が多かったです。幻聴や幻覚が見える、聞こえる方へは、その幻聴等の内容ではなく、辛い気持ちなどの『気持ち』に寄り添ってください、と職員の方に教えていただきましたが、実際に幻聴に悩む人の言葉を聞いて、辛い気持ちが伝わってきました。

教科書で見ただけだと、どんな施設かよく分からなかった施設も、見学することで理解する事が出来ました。

実際に聴いてみる事、見てみる事は大切ですね。

たくさんの方にご迷惑をおかけしましたが、おかげさまでとても良い12日間を過ごす事が出来ました。

 

11月になり、やっと社協の時間の流れに戻ってこれました。遅れを取り戻せるよう頑張らなくては!!

次は1月の国家試験に向けて勉強を始めたいと思います!!3月には合格の報告が出来るといいな~。